FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒抜き

2014/09/03

どうも皆さんこんにちわ^^ノ
エイトです。

珍しくスパンの短い更新でさぞかしこれを拝見されている皆様も驚きのことでしょう。
今日は、お仕事も休日なので、お部屋のお掃除をしながら、ふと思い浮かんだことを書いてみようと思います。

皆さんは、復讐は悪いことだと思いますか?

すません!いきなり唐突な切出しですねw

掃除をしながら地獄少女のアニメのワンシーンのセリフがふと思い浮かんでしまったので書いてみましたw

先日の職場での話、明らかに理不尽な理由をつけて罰金を逃れようとした挙句の果てレシートを私に向けて投げつけると言う暴挙がありw
久々に逆刃刀の刃の裏を返すところでしたw

実力行使に出なかっただけ、私も少しは大人になれたのかなぁーと思うようになった瞬間だったのですが、私から一言言わせてもらうなら

個人情報扱ってる様なところでは、恨み買うようなことはやめておけっ!w

何と言うか・・・少なくとも私の職場では個人情報を扱ってるため、履歴が残っている限りは個人の名前やら住所やら嫌でも確認出来ちゃう訳で、なんと言うかあれですよあれ!遊びに行こうと思えば遊びに行けちゃう訳ですよw
マ・ジ・で!!

いやぁー対応したのがこの私!仏のエイトで良かったですねぇー^^
ほら!もし、他の似たようなお店で同じ様なことしたら復讐されちゃうかもしれないじゃないですか!?w
最近世の中物騒ですしー
私って優しいなぁーレシート投げつけられてもこんなに親切に警告してあげるなんてっ!w

まっ!当の本人は見てないだろうけどよっ!

ここで終わると脅迫と間違われそうなので一応補足しておくと、店員も人ですから根に持つこともありますし、一々こんなん気にしてたらキリがないのは重々承知ですが、溜まってくるとやはり抜いとかないとあかん訳ですよ。勿論夜もね♪

コメントの投稿

非公開コメント

ちょいと補足

どもです。
サービス業って大変ですよね。
そういう仕事をしてるとやはり柄の悪い客がいますから
キレることは仕方ないですよね。
店員もいち人間なんですから客も大人の対応
してほしいものですよね。
まぁ復讐したってなにも変わりませんよ。
自分が損するだけですし。やめましょう(^^;

と、何気に続きがあったの後で知ったんだが
どうも私のブログの記事のことのようなので一応書いておく。
あれに関してはべつにあの場ではキレてませんよ。
ちゃんと大人の対応してます。
本音はブログに書いたとおりですが、ちゃんとわかってますってw
たまにすげぇ店員にキレてる客がいますが、あそこでキレたって
ないものはないと自分はいつも不思議に思ったりはしますね。
大人しく他探せとw

ただそういうのが1回や2回じゃないからその辺どうなってるの?
と思ってしまうわけなんですよ(^^;
客としていうならば在庫管理はやはりしっかりやってほしい
と思うのも本音です。ということであまり気にするでない。
いち個人の感想だからw

ぶっかけって最後はホントなんの話っすかwww
ではまた☆

Re: ちょいと補足

どもどもー^^ノ
そうなんですよねぇー><え?そこまで怒ることなの!?ってことが度々あるので正直接客してると鬱になるじゃなかろうと思うことがちょくちょくあります^^;

本当に無い物に関して何を言われてもその場で用意出来ないと言う事実は変わらないのですが、私の場合怒鳴られるのとそうでない場合では対応が変わる場合があります。

例えば、「何で無ぇんだよゴラァ!」と怒鳴られるとその時点で余裕が無くなり、ひたすら気が済むまで謝罪を繰り返し、少しでも早くお帰り頂こうと言う思考になります。

しかし、「売切れちゃったかぁー」と言われるとこちら側にも余裕が出来るので、何とかならないものかと同系列の近隣の店舗で在庫が無いか確認してあげたり、その日のうちに他店から取り寄せ出来ないか店長なりに確認することが可能なのです。

人のことを言えた立場ではないですがw短気は損気と言う言葉がありますが、まさにこのことを言うんだなぁと思ったりする場面も多々ありますね^^w



1回ならまだしも2回ともなると流石にその店への信憑性を疑っても良いレベルかと思います。
1度起きてしまったことは即座に繰り返さないように改善に努めるべきですし、再び同じ様なことを体験されたのであれば、責任者を呼んで改善する余地があるのか説明を受ける権利ぐらいはあると思います。

今後もそのお店を利用するのであれば、さり気無く伝わる程度でも指摘してあげた方がいいですね。
決して手は出してはいけませんよ!手は!足ならいいかもw



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。